降雪地域での給湯器の故障例

MENU

降雪地域での給湯器の故障例

私の住んでいる地域は降雪地域であり、1シーズンにおおむね10〜20cmの降雪が10日ほどの地域です。使用している給湯器は、空気圧縮型オール電化温水給湯器です。給湯器は屋外で設置しており露出していますが、水道の引込配管は給湯器までは埋め込み配管で、おおむね配管凍結のリスクは少ないと考えられます。また、給湯器には雪が積もらない仕様になっているため、本体自体の凍結もありません。新築後6年目を迎えましたが問題なく稼働していました。ところが、今年の大雪により給湯器が故障しました。風呂および洗面所等の蛇口は別系統のものではなく、温水と冷水の両方を統合している蛇口の形態です。故障の時に出水確認したところ、水は通常通り出ましたが、温水は一滴も出ることがありませんでした。一番最初に疑ったのは給湯器への配管の凍結でしたが、給湯器への配管にタオル等を巻きぬるま湯をかけても依然として改善しないため、配管の凍結でないことがわかりました。そののち、屋内の管理メインスクリーンに「F19」というエラーコードが点灯表記されました。すかさずインターネットで検索すると、出湯温度の異常の際に警告されるエラーコードのようでした。給湯器から出水される温度は一定に管理されていますが、温度異常を感知する場合に起動する機器系統のヒューズが飛んでいるという可能性があるため、工務店等によって交換作業が必要であると思われました。ただ、点灯が数分のうちに治まる場合は問題ないとの記載によりしばらく消えるのを待ちましたが、1日経ってもエラーコードは消えませんでした。工務店に電話すると、温水に蛇口をひねり数分出し続けてみてくださいとのことだったので出し続けましたが、一向に回復しませんでした。すると今度は配電盤のブレーカーを一時的に落とし、数分後に再鼓動してみて欲しいと言われ、給湯器専用のブレーカーを下げたのち数分後に再起動したところ、エラーコードは消えましたがまだ温水が出ませんでした。1時間後に工務店より確認の電話があり、温水の方に蛇口を合わせてしばらく出し続けてくださいとのことでした。最初はほとんど出てきませんでしたが、時間にして5分程度出し続けたところ、少しづつ冷水が出るようになり、次第に温水が出るようになりました。配管の凍結防止のため、給湯器本体を屋内に設置する工務店もあるようですが、仮に屋外の設置で配管の凍結が疑われる場合でも、原因が別のところにある場合があることを知りました。

関連ページ

台風、虫が原因での給湯器の故障例
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!
築30年のマンションの給湯器故障の例
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!
東京の実家で給湯器が壊れた
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!
2018年3月栃木県での給湯器故障の例
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!
給湯器が壊れて真冬に死にそうになった・・・
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!
東京で下宿しているときに給湯器が故障・・・
給湯器が使えなくて困ったという方は修理・交換どのように対処したのか?症状はどういったもので何が原因で壊れたのかなど体験談を集めました!