給湯器のうるさい異音の原因と対処法は??

MENU

給湯器のうるさい異音の原因と対処法は??

給湯器異常音

ふとした時に気になる給湯器やお風呂周りの異音。症状は様々で、追い炊き時の不良、リモコンのエラー音、ちょっと爆発してるかのような「ボンッ」という音、とにかく音量がうるさい等々、様々なケースがあります。

 

正常であれば勿論問題ありませんが、故障が原因の異音の場合、給湯器の故障の可能性も高く、使えているからといってそのままにしておくのはNG。

 

症状が正常なのか故障なのか、一つづつ確かめて、その対処法を突き止めましょう。

 

給湯器からの正常な音と異音の違い

 

モーター音

 

「ウィーン」と聞こえる感じのモーター音は、給湯栓(蛇口)を捻って給湯器が動き出せば聞こえる音です。正常に作動している証拠ですので、こちらの音は特に問題ありません。

 

一方、これが「キーン」と甲高い音になっていたり、「カラカラ」と何かがぶつかるような音がする場合には、配管内の気圧や内部の部品の破損・欠損の可能性があります。

 

スムーズなモーター音ではない場合は、使用を中止し、修理・点検を検討しましょう。

 

ガスの燃焼音

 

少し古めの給湯器や小型湯沸かし器の場合、コンロで火を付ける時のような「パチッ」という着火音が聞こえる場合があります。これが初めの小数回だけなら問題なし。正常に点火されています。

 

一方、スイッチを入れる・給湯を開始した後に、途中で「ボンッ」という小さな爆発音のような音がする場合は要注意。給湯器内部の燃焼系装置や電装系装置の異常である可能性が高く、ガス漏れや不完全燃焼を起こす原因ともなります。

 

異音の中でも特に気を付けたいところなので、この場合は必ず使用を中止し、速やかに修理・点検を行いましょう。

 

スイッチ(給湯)を切ったのに音が鳴っている?

 

モーター音に近い「フォーン」という音は給湯器のファンの音です。給湯器が次の起動に備えてクールダウンしている状態ですので、しばらくすれば止まります。その場合は問題なし。

 

音が止まらなかったり、金属音がするような場合には、ファン周りに異物があるか故障の可能性が高いので、点検してみましょう。

 

お風呂の追い焚き時、お風呂の水の循環時に鳴る「グォーン」という音

 

お風呂で聞こえる「グワン、グワン」と重低音で響く音は、ポンプが作動している音で、追い焚きの前後やお湯張りの前、冬季の凍結防止用に水を自動循環させている時などに発生します。お風呂場から給湯器が近いと特に聞こえやすく浴室内は音も響くので気になる方も多いかもしれませんが、異音ではありません。

 

滅多にありませんが、特に水を循環させているわけでも、気温が零下でもないのにこの音がする場合、電装系装置の誤作動の可能性があります。

 

蒸発音

 

給湯器内部は使用している際に熱を持つので、入り込んだ水滴などが蒸発する事があり、その時「ジュワッ」という蒸発音がする場合がありますが、こちらも特に問題はありません。

 

また、排気の際に白い煙と同時に「シューッ」という音がしているのも水蒸気の音の可能性が高いので、こういった音が続いていなければ特に問題はありません。

 

 

もしも異音だと感じたら、まずは異臭(ガス臭さ)が無いか必ずチェック

 

給湯器が発する音には正常なものと異音がありますが、もしも使用していて違和感を感じるようであれば、まず初めに確認したいのがガス臭くないか、といった点です。

 

特に燃焼系装置の故障の際に、給湯器内部で不完全燃焼を起こすとガス漏れが発生する場合があり、これは大変危険な状態です。

 

少しでもガス臭いと感じたら

 

  • 室内のリモコンにエラーコードは表示されていないか確認
  • その後、速やかに給湯器の電源をオフにする
  • 給湯器に繋がる配管にあるガス元栓も閉める

 

といった手順を踏み、使用を中止して下さい。

 

ガス臭さを感じたら、問題なくお湯は出るからと放置しては絶対にいけません。

 

勿論、今の給湯器には全ての機種で安全装置が標準装備されており、不完全燃焼を起こした場合には自動停止する仕組みとなっていますが、これとて100%作動する保証はありません。使い続ければ重大な事故に繋がる恐れもありますので、速やかに給湯器交換の業者かガス会社へ修理・点検、もしくは給湯器の交換を依頼しましょう。

 

 

異臭はしないけど異音がしている場合の対処法

 

どのようなケースであれ、異音は給湯器の故障の予兆です。なるべく早く修理・点検を行いたいところですが、その前にご自身で出来る事として、給湯器の排気口や排気筒、排気管をチェックしてみましょう。

 

掃除やメンテナンスが行き届いていないと正常に排気が行われず、それが異音の原因となっているケースがあります。

 

給湯器異常音
参考:リンナイ公式HPより

 

一般的な壁掛け式や据置型の室外に設置されている給湯器は、主に給湯器上部に排気口がありますので、汚れやホコリで詰まっていないか、確認してみて下さい。給湯器本体のメンテナンスはそれほど難しい作業ではありませんので、出来る限り日頃からやっておきたいところですね。

 

また、室内の台所やお風呂場に設置されているリモコンにエラーコードが出ていないかも確認しましょう。

 

エラーコードが出ている場合には、メーカーの取扱説明書に対処法が書かれている場合もありますので、まずはこちらもチェックです。

 

尚、ファンやモーター作動時に「カラカラ」と異物がぶつかっているような異音がする場合には、給湯器本体を開けて中を見てみるのも一つの手です。給湯器本体のフタはネジ止めされていますのでドライバーがあれば問題なく開けられるでしょう。

 

但し、中身をいじるのはNGです。給湯器本体内部には様々な装置がありこれらを整備するにはガス・電気に関する国家資格が必要です。無資格の一般の方がDIYで修理するのは故障原因となるのは勿論、ガス漏れなどによる重大事故の原因になりかねません。

 

フタを開けても異音の原因が分からない場合には、絶対にそれ以上触れないように気を付けて下さい。

 

尚、異音が解消されない場合には、まずはリンナイ、ノーリツ、パロマ他、お使いの給湯器のメーカーまで電話で問い合わせるのが一番です。その際、対処法を教えてもらえるケースもありますので、まずはそちらに確認しましょう。

 

ただ、修理・点検が必要となった場合にメーカーへ直接へ依頼しない方が良いです。

 

と、言うのも給湯器メーカーは点検だけでも有償で最低6,000円程度かかるだけでなく、修理や交換となった際の費用もネット系業者に比べると大変高額です。

 

修理や交換が必要となりそうな場合には、下記のページを参考に業者さんを探してみて下さい。

 

⇒給湯器交換業者はどこがお得?ネット系 vs ホームセンター他を徹底比較

 

勿論、早く直したい場合には値段よりもスピードが大事なケースも多々あるかと思いますが、ガス会社やメーカーはネット系業者の2倍近い金額となる事も少なくありません。

 

上記ページを参考に修理・交換業者は慎重に検討されて下さいね。

 

音は正常なんだけどうるさい、気になるという方の防音対策

 

正常な音でもうるさい時の対処法

 

給湯器の設置場所によっては正常な音でもどうしても気になるという場合があります。そんな時に出来る対策としては

 

  • 振動を抑えるゴムシートなどの振動材を貼り付ける
  • 防音シートを被せる

 

といった対処法があります。

 

ただ、注意したいのは熱を持つ場所や排気口など、振動材を貼り付ける場所、カバーの大きさやかぶせる位置によっては故障の原因となるだけでなく、排気がこもり予期せぬ危険な状態になる可能性があります。

 

防音対策は、安全の為にも必ずリフォーム会社や給湯器交換の専門業者へ相談しましょう。

 

意外と多い??給湯器の作動音による隣人トラブル

 

給湯器の騒音に関して、意外と多いのがお隣の住民の方とのトラブルです。隣家が近い場合に、設置場所によっては給湯器の正常な音でも隣人に騒音被害を与えてしまう場合があります。

 

特に帰宅が深夜でお風呂に入るのが夜遅いという方や、「エコキュート」「エネファーム」などのヒートポンプ式の大型給湯器を使っている方は要注意。

 

隣人の睡眠や健康を侵害したとして、トラブルに発展するケースも少なくありません。

 

2016年には、「エコキュート」や「エネファーム」などが発する「低周波音」によって健康被害を受けたとして、全国の男女6人が7月8日、国に計約1500万円の賠償を求めて、東京地裁に提訴した事件がありました。

 

音の聞こえ方・感じ方には個人差があります。自分が気になるケースは勿論の事、自分では大丈夫と思っていても気付かない内に周囲の方に迷惑をかけてしまう可能性もありますので、そうならないよう特に大型の給湯器を設置される際には騒音にも気を付けて下さいね。