給湯器の耐用年数・寿命と交換時期

給湯器の耐用年数・寿命と交換時期

給湯器の寿命

給湯器の寿命・耐用年数はどのくらい?

 

現在、日本の家庭で使用されている給湯器は、ほぼ国内メーカー製品となっております。その理由は、海外製の物と比べ日本製品の質が非常に高いからで、ガスや石油、電気を扱う給湯器の場合、事故を防ぐためにも品質に定評のある日本製の物が広く浸透しています。

 

では、そんな国内製の給湯器の耐用年数・寿命はどれくらいかというと「8〜10年」が一般的です。国内メーカー各社の比較においては寿命の差、性能差ともにほとんどありません。

 

給湯器はお湯を沸かす際に発生する熱や、水中、大気中の成分による影響で徐々にダメージを受けていきます。家の外に設置しているようなタイプでは自然環境の影響も受けますし、どんなに大切に使っていても基本的には10年程度で故障するケースが目立ちます。

 

また何より、メーカーは給湯器の部品製造の供給期限を10年としており、発売から10年以上たった給湯器については故障した際の修理が出来なくなるといった事情があります。その為、一般的な寿命は10年前後と言われています。

 

 

給湯器の交換時期の目安は?

 

基本的には故障が無ければ10年以上でも使用していて問題はありません。一方、下記のような症状が出始めた時には交換を検討してみるのが良いでしょう。

 

寿命を迎えた給湯器に出やすい故障の症状

  • 給湯温度が安定しない……シャワーなどで温度が不安定だったり、リモコンの設定温度通りにお湯が出ない。
  •  

  • エラーコードが出る……室内に設置されているリモコンに頻繁にエラーが出る。給湯は正常に出ていても見えない箇所で故障が発生しているケースがあります。
  •  

  • 給湯器の排気異常……排気口から異臭がする、煙が出ている、などの症状が出ている場合、不完全燃焼を起こしている事が考えられます。

 

  • 給湯器の音がうるさくなる……点火や給湯中の動作音が大きくなる場合。ガスの供給・湯沸かしがスムーズでなく、この状態が続くと給湯器の寿命を著しく縮めます。
  •  

  • 給湯量が少なくなる……以前よりお湯の出が悪くなる症状です。一般的に夏場と比べ寒い時期に給湯量は多少減りますが、それ以上に給湯量が減少している場合、給湯器が正常にパワーを発揮していない可能性があります。
  •  

    これらの症状が出たとしても、すぐに給湯器が壊れた、という訳では無い事からそのまま使い続ける方も多いかと思いますが、故障まで使い続けた結果、ガス漏れなどの事故が起きてしまっては手遅れとなります。

     

    メーカーや設置業者が設ける保証期間内であれば、修理費用がかからないケースもありますので、上記のような症状が見られる場合には速やかにメーカーや給湯器交換の業者へ連絡し、修理・交換を行いましょう。

     

    ちなみに、部品の製造期間が終わってしまっている古い給湯器の場合、修理よりも交換の方が安く済むケースが多いです。

     

    給湯器交換の選び方をご参考の上、ご自身の環境に適切な給湯器を把握した上で交換業者選びを行って下さいね。

     

     

    これから給湯器を交換し、大切に使う為には

     

    メーカーの部品供給の問題はどうにもできませんが、使い方次第で給湯器になるべくダメージを与えない方法はいくつかあります。

     

    1.配管カバー、排気カバーを利用する

     

    配管カバーは給湯器に繋がっている各種の配管を外気から守る役目があります。雨水などのサビを防いだり、紫外線によるダメージを防いだり、給湯器の付近を人が通過するようなところに設置されている場合には、物がぶつかるのを防ぐことにも繋がります。

     

    排気カバーは給湯器の排気の方向を変える役目があり、ドアや窓の近くに給湯器が設置されている場合、室内に排気が侵入するのを防ぎます。また、給湯器は本体自体が排気だけでなく吸気も行っているのですが、設置場所が狭く排気がこもる場合は、給湯器が余計な排気成分を吸い込んでしまい、本体内の腐食などに繋がります。

     

    メンテナンスの為にも給湯器の前面には最低でも60cm程度はスペースを確保するのが望ましいとされていますが、排気が適切でないと給湯器の消耗にも関わるという事を覚えておきましょう。

     

    これらカバーは交換の業者とよく相談の上、必要に応じて利用する事で寿命を延ばす事に繋がります。

     

     

    2.雨水がなるべくかからないような工夫を

     

    給湯器は基本的には防水処理がされており、雨水に晒される事で本体が故障する、といった事は基本的にはありません。しかし、本体の細かい部品のサビにはどうしても繋がってしまい、細かいダメージも積もり積もれば故障に繋がります。出来る限り雨風を避けられるような場所への設置が望ましいです。

     

     

    3.循環タイプの追い炊きの場合は入浴剤に注意

     

    入浴剤はガスふろ給湯器の中で、お風呂内のお湯を循環させる事で追い炊きをするタイプの場合、入浴剤の成分が配管の劣化に繋がります。また、成分が沈殿した場合には、局部沸騰といって湯沸かしが不安定になり、異音や故障の原因となります。

     

    入浴剤そのものを使わない、というよりは「入浴剤を使ったお湯は追い炊きせずに捨てる」事を意識してなるべく給湯器にダメージを与えないようにしたいところです。

     

     

    4.循環アダプターは定期的に掃除を

     

    追い炊き機能がある給湯器の場合、浴槽内にあるお湯を吸入する側に髪の毛やゴミを取るフィルターが設置されていますが、これがきちんと洗浄されていないとお湯と水の循環不良を起こし、追い炊き機能が正常に働かなくなる場合があります。

     

    その際、温度センサーが誤検知を起こし、何度も不要な追い炊きをしてしまうといった誤作動が起こり、給湯器本体に余計な負担をかけ寿命が縮まる恐れがあります。
    フィルターは定期的な掃除を心掛けましょう。

     

     

    5.エコジョーズのドレン排水は適切か

     

    エコジョーズ製品の場合、従来のガス給湯器と違う点として「ドレン排水処理」があります。ドレン排水そのものは、雨水と同じ程度の汚水といった位置づけですが、処理方法が適切でないと給湯器本体がエラーを起こす場合があります。

     

    特にマンションで見られるPS型給湯器の場合、雨水を流す排水溝まで距離があるケースがありますので、ドレン排水を適切に処理しているかという点は交換する業者の技術に関わってきます。

     

    これからエコジョーズの導入を検討されている方は、エコジョーズの施工経験が豊富かどうかも業者選びの検討材料にすると良いでしょう。

     

     

    まとめ

     

    給湯器は熱を発する機械であり、ガスにせよ石油にせよ、事故の危険性については十分考えておく必要のある物です。
    故障かな?と疑われる症状が出始めたら、簡単な手順でエラーや故障が直る場合もありますので、まずは速やかにメーカーや業者へ相談してみましょう。

     

    その結果、交換の必要がありそうとなったら、給湯器業者の選び方のページをチェックしてみて下さい。

     

    あなたの環境にマッチした給湯器はどれか、損をしない為の業者選びでする事は何かを解説していますので、是非とも参考にしてみて下さい。