給湯器の相場や費用について

給湯器の相場や費用について

給湯器の交換の相場や費用について

給湯器の交換にかかる相場を知っている人はなかなかいないと思います。給湯器の交換にはだいたい幾らぐらいかかるのでしょうか?知らびてみて「えっ、給湯器の交換ってこんなにかかるの?」と驚く方も多いと思います。給湯器交換の値段は給湯器のメーカーや販売業者によって大きく違います。これから、給湯器交換の相場をご紹介していきます。まずは、給湯器本体の仕様と価格を調べます。給湯器には様々なタイプがありメーカーもたくさんあります。給湯能力(1分間に何リットル給油できるか)や、効率よくお湯を沸かすエコジョーズなどの省エネ性の高い機能の付いたもの、追い炊き機能や足し湯機能、暖房機能を付けるかどうかなど給湯器を選ぶにあたってはこれらの機能をつけるかどうかを考える必要があります。当然その使用によって価格は大きく変わってきます。おおまかな相場ですが追い炊き、暖房機能が付いたリモコン・給湯器のセットだと、14~27万円くらいと価格に2倍近い開きがあります。また、追い炊き機能、暖房機能がないタイプだと、5~15万くらいとこちらは3倍くらいの開きがあります。当然、機能が多ければ多い多いほど価格も高くなってきます。同じ給湯器でも依頼する業者や給湯器のタイプによって割引後の価格にはかなりの差があります。同じ給湯器でも数万円の差があることがありますので、できるだけ複数の業者に見積もりを出してもらい比べるのがいいと思います。・給湯器以外の取り付け工事の内訳の一例取付工事費吸水結び替費給湯結び替費リモコン結替費ガス結替費出張費廃材廃棄費点火試験費などになります。業者によって、標準工事費の中に10年保証が入っていたり、別途安心保障加入が必要な場合もあります。また、老巧化した配管の交換、給湯場所の場所替えなど、別途費用が必要な場合もあります。見積もりを取る時には以上のようなことを踏まえて、本体価格だけでなく工事費用もしっかり確認しましょう。お店ごとに、価格が大きく異なる理由にはいろいろな理由が考えられますが、その中に給湯器の仕入れ価格があります。規模の大きな業者ですと、毎月大量に仕事をしているので給湯機メーカーから大量に、安く、ダイレクトに仕入れることが可能になります。結果、メーカの販売価格に縛られず、給湯器の価格を安く抑えることができます。その点では小さな工務店ですとそういうことができないので自然と給湯器の価格が高くなります。つまり、施工回数の多い大規模な業者は価格を抑えやすいという事です。ですから、単純に「安いから不安」「高いから関心」といったことにはなりません。以上のようなことを知ったうえで給湯器の交換の相場を知ってから依頼するようにしましょう。


ホーム RSS購読